MENU
カブトムシ飼育

カブトムシ 幼虫のマットの種類とおすすめマット

カブトムシ用マット

カブトムシ用マットは広葉樹、針葉樹を粉砕して作られている土です。マットがあればカブトムシの床材になるだけでなく、幼虫のエサや棲み処などいろいろな役割があります。幼虫である間はマットがエサになるので成虫になったときのサイズに大きく関係してきます。

成長に合わせてマットを選ぶ

マットにも種類があります。成長過程に合わせてマットも変えることが大事です。

発酵マット

幼虫には栄養が豊富な発酵マットがおすすめです。発酵マットはクヌギ、ブナなどの樹木のチップを発酵して作られたものです。幼虫には栄養がたっぷりです。発酵マットには一次発酵と二次発酵があります。発酵が進んでいくとマットの色は黒色に変化していきます。

埋め込みマット

埋め込みマットは成虫の飼育におすすめのものです。栄養価が低いのでコバエやダニなどの虫が繁殖しにくいので室内での飼育に向いています。

粒子の細かい高発酵マット

産卵期のカブトムシのマットには粒子の細かい高発酵マットがよいです。メスの産卵時用に深く潜れるように粒子の細かいものを選ぶようにします。孵化した幼虫が餌にできるように二次発酵まで進んだ栄養価の高いマットを選ぶのが最適です。

消臭・防ダニタイプのマット

ダニやコバエの繁殖やマット特有のにおいを抑える商品もあります。ダニが嫌うヒニキやヒバといった天然素材を使用したものはカブトムシに影響なく安全に防虫対策でいます。

幼虫用のマット おすすめ

〇バイオ育成幼虫マット

幼虫を飼育するのには一番人気のあるマットです。必要な栄養もたっぷり含んでいる発酵マットです。広葉樹マットを腐葉土になるまで高発酵・高熟成させています。マットの温度や菌の分布が安定した飼育環境をキープしています。幼虫を初めて育てる人もおすすめの商品です。

〇三晃商会 育成マット

成長過程に関係なく使える育成マットになります。外産・国産カブトムシから産卵・幼虫・さなぎ・成虫のすべての段階に適しています。羽化率向上のため天然の広葉樹に発酵菌を添加し長期間熟成しています。温度上昇、発酵臭を防ぐため使用前にもみほぐして半日以上外気に触れることがよいです。

〇国産カブトムシ用 発酵マット

国産のカブトムシに特化しているマットになります。国産カブトムシの飼育がしやすいように厳選した無農薬広葉樹を使用しています。完全に発酵させたマットなので産卵や幼虫の飼育にぴったりです。ほどよい湿り気があるので水を加える必要がないところもメリットです。

〇完熟マット

外産・国産カブトムシの産卵と幼虫の飼育にぴったりです。粒子が細く安定感がよく、カブトムシの産卵を促す効果もあります。発酵と熟成もされているので幼虫の飼育にも一押しになります。

〇マルカン バイオ育成カブト虫マット

幼虫が好む広葉樹が100%で良好な発育環境をキープできます。発酵熟成させているので栄養もたっぷりです。幼虫から成虫の生育に適したマットになります。保水性、通気性に優れていてマットの温度も安定します。

〇ペティオ 育成マット

クヌギ、コナラの植物から作られています。カブトムシの幼虫はマットが餌になるので腐葉土マットより栄養価が高いのがカブトマットです。

良質に育てるために

マットにもこだわりを持つことで幼虫も良質に育てることができます。マット選びはとても重要なのでカブトムシを長く飼うために使い方を考えて選ぶようにしましょう。特に幼虫の栄養を考えて作られているマットはおすすめです。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA